スポンサードリンク

(60%OFF)(6300円以上で送料無料)■犬つめきりsmサイズ(さっぱり爪のお手入れしましょ)【犬】...
スポンサードリンク

30種類のサプリメントをバランスよく配合した最高級フード!【送料無料】ナチュラルバランス ウ...

キャラクターの素材としても犬は定番

犬イラストは幅広い世代に人気のあるものです。ネット上でも犬イラストの素材やテンプレートが多数あります。犬は人間にとってもっとも身近な動物。また種類が豊富で、それぞれが魅力あるものです。忠実でいたいけな犬、かわいらしい犬、精悍な犬、これらの犬をイラストに描けばまた魅力的に見えるものです。
また、キャラクターの素材としても犬は定番となっています。ドコモの「モバ犬」」、サンライズの「ゴン太」、セガトイズの「お茶犬などは人気の犬キャラクターの代表格として挙げられるでしょう。ほかにも「フランダースの犬」「名犬ラッシー」といった名作アニメに登場した犬も根強い人気を博しています。

イラスト化しやすい犬と難しい犬

このように、イラスト化に向いている犬。とはいえ、実際に犬イラストを描くとなると以外に難しいものです。うまく書かないと熊と区別がつかなくなったり、みんな同じ顔になってしまったり、といった事態に陥ってしまいます。
犬イラスト作成の際に問題になるのは顔の輪郭、つぶらな瞳、耳の形と顔との大きさのバランス、尻尾あたりでしょうか。猫のヒゲ、うさぎの耳といった「これさえしっかり書いておけば見分けてもらえる」といった決定的な特徴がないのも犬の重要なポイント。描く際には腕が問われることになります。
犬の中でもイラスト化しやすい種類というものもあります。体型が独特なダックスフンド、眉毛が特徴的な柴犬、顔の周囲の毛並みが特徴的なパピヨンなどは代表格といえるのではないでしょうか。反面難しいのはポメラニアン、プードルあたりでしょうか。チワワなどはどちらかといえば描きやすい部類に入るでしょうか。
犬イラストを描く際にもうひとつ重要になるのは立体感です。犬は鼻や口などが顔から飛び出し、長い形をしています。それを正面からとらえて描く場合、立体感が非常に重要になってきます。両目と鼻が同じ位置にあるように見えようでは犬イラストとして失格です。毛並みの感触を表現するのもなかなか難しいものです。

描くにはある程度コツが必要

このように、犬イラストはなかなかに難しいものです。ただ、描くにはある程度コツがあるもの。絵の上手い下手は当然出てくるでしょうが、コツをつかめばある程度うまく描けるようになるものです。最初は犬だか熊だかよくわからない平面的なイラストが段々上達してリアルに描けるようになっていけばどんどん楽しくなっていくもの。楽しければますます練習しようと思っていくものです。イラストの練習というのはこの好循環を生み出せるかどうかにかかっています。
ですから、犬イラストを描こうと思っている人はまず基本から。本やネット上の情報などを頼りに少しずつ上達していき、魅力的な犬イラストを描くようになりたいものです。

犬イラスト